ROCKERS

ロッカーズ 通常版
B00017YXT6 中村俊介 陣内孝則 玉木宏

ビクターエンタテインメント 2004-03-19
売り上げランキング : 6,003

おすすめ平均 star
star大迫力!
starライブシーンは圧巻!
star西新商店街も出てくる

Amazonで詳しく見る by G-Tools

DVDで「ROCKERS」を観た。半年ぐらい前に見たんですが、忘れられなくてまた借りてしまいました。陣内孝則自身が監督し、陣内役を中村俊介が演じる青春グラフティです。
聞きなれた福岡弁、時がたっても廃れることのないROCKの魂。何べん見直してもあきません。皆さんぜひとも見てみてください。

結婚式ラッシュ

先週、研究室の先輩から突然「結婚しまーす」というメールが入りました。いやーめでたい!もう自分も28になる年だし、周りの人たちが結婚していくのはまぁ当たり間えっちゃ当たり前ですな。僕自身は…まだまだ修行のみですから(笑)
結婚式ではよくギターで弾き語りをしています。その先輩からもリクエストがあり、出し物をやることになりましたが、今までみたいに普通に弾き語りじゃ面白くない。披露宴がどーんと盛り上がって、なおかつ新郎新婦が感動するような演出をしたいのですがなかなか思いつきませんねー。とりあえず、出席する予定のメンバーに声をかけていろいろ考えてみたいと思います。
そういえば、今年すでに出席するであろう結婚式が4つ…しかもすべて地方開催予定…地元福岡なんかであった日にゃ、一回あたり10万の出費・・・やばい、今から節約しよ。

New Machine

新しいマイPCが届きました。必要に迫られて買ったんですが、せっかく買うならハイスペックということで。。
・19インチモニタ
・TVチューナ
・DVD-RW
・Pentium4 3.2GB CPU
・メモリ 2GB

うーむ、これはクライアントマシンというよりもサーバですな(笑)
何しろ、今まで使っていたパソコンは5年前のやつで立ち上がるまで5分かかるわ、ブラウザ立ち上げたら固まるわでえらく大変でした。というか時間の無駄でした。この新しいマシンのおかげで、調べものとかするときも大幅に時間短縮ができるな、と。DVD編集とか、i-Podと組み合わせてみたりとか、マルチメディアオーディオマシンへカスタマイズしてみたいな、と。

あぁ反省

キムタクがCMで言っていた「閉じている自分か開いている自分か」って言葉。
今の僕は閉じている。それも約1ヶ月閉じっぱなしです。第一に仕事。トラブル物件にずっと足を突っ込んでいると、「あるべき方向に持っていく推進力」というものを「目の前を切り抜けるその場しのぎの力」に置き換えざるを得ません。激流の中を船に乗って何とか転覆しないように支えてるような感じです。その船は巨大な船なんですが、船員たちの統率が取れてたらどんなに激流でもくぐり抜けられるでしょう。でもこの船員たちの意思がばらばらだからどうしようもない。船を進める以前に転覆しないようにするので精一杯なわけです。
何とか進めたいのですが何しろゴールが見えない。VISIONがないからそれに基づいたタスクも決まってこない。身動きが取れない状態です。これからの自分に必要なのは自ら進む方向を提示し、それに基づいたタスクを作り出していくことでしょうね。まだまだ我慢が必要みたいです。

早くも4年目

新年度が始まり、社会人4年目となりました。
大学で言えば4年生・・・。この4年間何が身についただろう?と考えると「?」という答えが返ってくるかもしれません。おそらく周りから見たら何かしら身についているものはあるのでしょうが当の本人としてあまり認識がないのです。IT業界に身をおいているのでおそらく次のようなものが身についてはいるんでしょう。
・物事をあらゆる切り口から判断する視点
・現実にあるものを数値化する力
・理想像に向かうための階段を作る力
無理やり挙げてみましたが、ある程度は身についているかな、とも思います。
じゃぁなぜ認識がないか?おそらく僕自身が上記のような能力自体にあまり価値観を抱いていないからでしょう。先日のセミナーで自分が自信を持って「コレは身に付いたぞ!」といえる力を見直したとき、その全ては「テニスインストラクター」時代に身に付いたものでした。
上記のような能力は僕にとってあくまで「手段」です。僕の欲しているものは上記手段を活用して「新しいものを作り上げる力」なんでしょうな。言い換えれば、新しい価値・新しい環境・新しい社会・・・こういうものを作り上げるための発想力なのでしょう。そして自分の作り上げたカタチないものでたくさんの人が”Happy”になってくれる事、これが僕の願いというか目標みたいなものです。
さて、目標は掲げました。あとはどう実行するかです。まずは自分のいるべき環境を見直すことから、ですかね(笑)